会社という組織の中で働く人もいますが、病院という組織の中で働く人もいます。どんな場所でもそれぞれが組織の中で仕事をしているということがほとんどです。ということは自分だけの考えや意見が通るわけではないということが、多いのではないでしょうか。
たくさんの人たちがそれぞれに考えを持っていて、組織が動いているということになります。自分もその中の一人であるということを思って動く必要があります。組織の中で浮いてしまうような存在になることで、仕事がしにくくなることは多々あります。
出来るだけ組織内において足並みを揃えたり相手の心を大切にするということが必要になるのです。もちろんどのような組織内においても、上の者や下の者という人間関係が存在するはずです。
その中では、上の者に従わなければいけないことも、当然出てくるでしょう。病院内においても、医師と看護師の関係性は完全な上下関係なので、医師が言うことだから仕方が無いとなんでも諦めている看護師さんも少なくないでしょう。
しかし、逆に下の者同士で力を合わせて、上の立場を上手にサポートすることにより、組織をより良いものにすることは出来ます。上下関係というものは大切なものではありますが、それが全てではないのです。上があってこその下、下があってこその上という、お互い同士が重要な存在であることを忘れてはいけません。
それが全てというように思ってしまうと、その組織はそこから先に進歩することは無いでしょう。下の者の声も取り入れながら柔軟な対応が出来ることにより、組織自体が活性化するということが考えられます。そのためには組織内の人間ひとりひとりを大切にすることが必要です。
関連サイトはこちら